アグリクラフトで地元の産業をPR

新潟市

みんな笑顔
みんな笑顔

2007年6月2日

2005年から「食と花の見本市」というイベントを通じて新潟市の食と花の豊かさをPRしてきた新潟市が、いよいよ日本海側初の政令指定都市となりました。このイベントで新潟市らしさをクラフトで伝える活動、「アグリクラフト」のインストラクター養成講座を受講したメンバーは、会場となった新潟県立植物園で作品展を開催しました。


アグリクラフトの講師養成講座
アグリクラフトの講師養成講座

アグリクラフトの講師養成講座は新潟市主催で開催し、様々な分野、地域から受講生が集まってくれました。


篠田昭市長と記念写真
篠田昭市長と記念写真

初日の朝には篠田昭市長から一人一人に修了書が手渡されました。


ロシアからのお客様にアグリクラフトを教えます
ロシアからのお客様にアグリクラフトを教えます

体験教室の講師デビューを果たしたアグリクラフトのメンバー、とても張り切っています。 海外からのお客様にも!


小澤邸で展示会
小澤邸で展示会

この活動は「にいがたアグリクラフト」として継承され、新潟市主催の「水と土の芸術祭2012」から連続して市民参加を果たしました。


2015年は食育・花育センターで屋外展示に挑戦。


揃いのシャツでワークショップも運営
揃いのシャツでワークショップも運営
市章も見事な稲のオブジェになりました
市章も見事な稲のオブジェになりました

「水と土の芸術祭」の最後となった2018年は新潟港開港150周年をテーマに北前舟を作りました。