アグリクラフトで年間ディスプレイ

お米ギャラリー銀座

お正月のアグリクラフト
お正月のアグリクラフト

2005年

アグリクラフトとは「廃棄される余剰農産物を使い、日本の伝承文化を基本に現代的な新しい感覚のデザインで造形物(クラフト)を創造するもの」です。この活動にまず共感していただいたのが全国農業新聞であり、JA全中でした。JA全中のアンテナショップ「お米ギャラリー銀座」では「これからお母さんになる若い女性にお米の良さを知ってもらいたい」と、様々な講習会、年間ディスプレイを行いました。 この活動は「えひめ町並み博2004」(愛媛県)における人材育成とイベントを活性化するPR活動となり、「食と花の世界フォーラム」(新潟市)においては市民グループ「にいがたアグリクラフト」を結成するまでになり、地元産物のPR活動へと大きく広がりました。


ひなまつりのアグリクラフト
ひなまつりのアグリクラフト

稲穂の流しびな


鯉のぼりのアグリクラフト

鯉のぼりのアグリクラフト


茅の輪くぐり

茅の輪くぐり


七夕のアグリクラフト
七夕のアグリクラフト

ハト麦栽培をPRする七夕。足元にはモイストポプリ(塩)が穏やかな香りを放っています。


稲穂のクリスマスツリー
稲穂のクリスマスツリー

稲穂のクリスマスツリーは銀座通連合会主催の「銀座ディスプレイコンテスト」で奨励賞をいただきました。



JA全中が譲ってくださった素敵なトロフィー
JA全中が譲ってくださった素敵なトロフィー