もったいないをアートに エコライフワークショップ

東京都豊島区

豊島区のご依頼でワークショップの講師

2007年11月

「規格外で廃棄される農産物をアートでよみがえらせよう!」というアグリクラフトの活動に興味を持ってくださった、豊島区エコライフ課のご依頼でエコライフ講座「稲穂のクリスマスリース」ワークショップを担当しました。


まずは自己紹介から

参加者は、豊島区の広報を見て申し込んでくださった市民のみなさまが30人ほど。

まずは自己紹介をしていただきましたが、「田んぼの近くで育ったけど稲穂を触るのは初めて」という方も多く、みなさん稲穂のアートに興味深々です。


実習スタート

実習スタート。

最初は緊張気味だった方も、手を動かすと、なぜか心が開いてくるから不思議。

 


アンケートを記入する参加者

稲穂のクリスマスリースができました!

アンケートも真剣に答えてくださるみなさま。
講師としてはちょっと緊張の時間でした(笑)。

稲穂のリース
稲穂のリース(実際に作っていただいたのは三つ編みにしたタイプです)