みんなで作った「かたつむりのトピアリー」made by あじさい

佐賀県唐津市

あじさいのカタツムリトピアリー
アジサイの鉢で作った「カタツムリのトピアリー」

2002年6月

佐賀県唐津市相知町には「日本の滝100選」に選ばれた「見返りの滝」があります。そして6月頃にはあじさい祭りが催され、約4万株ものあじさいと名瀑を楽しむことができます。

ややマンネリ化してきたこのお祭りの起爆剤にトピアリーを作ることができますか、とお問い合わせをいただいたのは1月のことでした。


設計図

毎年開催するお祭りなので、「町のみなさんで作れる」トピアリーにするというのが、欠かせない条件になります。

当社は「作り方」をお伝えするお役目に徹するため、専門学校で造形を教えている方、木工所の方など、腕に覚えのある方々を集めてもらいました。

 


模型を作って実験

「今手元にあるあじさいの鉢」を使ってトピアリーをつくる、という方向で、コンパネで模型をつくって実験開始!

 


カタツムリのトピアリー躯体完成
カタツムリのトピアリー躯体完成

造形の先生ご指導のもと、躯体が完成。市販のあじさい鉢をのせるだけのシンプルなデザインです。

あじさいでつくる「殻」の部分と「体」の部分に隙間ができないよう、側面にも鉢をいれるつくりにしました。


みんなでつくりました

あじさいを飾る(乗せる)作業はまるでバケツリレー。

色合いも考えながら、見事なカタツムリが出来上がりました。


中日新聞

 みんなが主役!

地元の方がインタビューを受けるシーンを見ると、とても幸せな気持ちになります。