· 

英国のトピアリー庭園とツゲ

おはようございます。ハッピートピアリスト宮崎雅代です。

 

1月10日の誕生花はBox-tree、柘植(ツゲ)です。

ヨーロッパのトピアリー庭園の縁取りに使われるのが主にこの柘植(ツゲ)で、学名はBuxus sempervirens。

日本では「西洋つげ」と呼ばれるものです。

 

そこでBroughton Castle(英国)の庭をご紹介。

上皇上皇后両陛下をはじめ日本の皇室の方々も訪問されたことがある荘園です。

写真:上からみたBroughton Castleの庭
上からみたBroughton Castleの庭
写真:花壇の縁取りが西洋ツゲ
花壇の縁取りが西洋ツゲ
写真:城主に見せていただいた上皇上皇后両陛下のお写真
城主に見せていただいた上皇上皇后両陛下のお写真

ちなみに、私たちがトピアリー作りに使っているキンメツゲは学名をIlex crenata ‘Variegata’といいセイヨウヒイラギ属モチノキ科の植物です。

これは通称「イヌツゲ」。

翻訳すると「役に立たないつげ」とでもいいましょうか。なんとも気の毒な名前なのです。

#トピアリー庭園 #西洋ツゲ #英国のトピアリー庭園 #BroughtonCastle #植物アート #トピアリー #モザイカルチャー #topiary #都市緑化 #ガーデニングライフ